猫耳少女の手記

何の気なしに生きていく。

200406 誰かのために生きたい話

 誰かの手足になりたい。自分のために生きられない。

 

 10日前くらいにVを休止すると決めた。それから自分を貫く芯のようなものが無い感じがする。毎日何をしているかというと、Unityの学習だったり、360度動画の研究だったり、読書だったり、隻狼だったり、ネーム執筆だったり、こうやって文章を書いたり。とにかく一日ごとに異なっている。全部中途半端のまま投げ出されている。

 自分で自分の人生を決めて何かを貫くことが何故か出来ないんだなというのは大学4年間でも思い知らされていた。昔から僕の中にあった意思は「不登校のダメな人間で居たくない」であって「(何か)になりたい」では決してなかったのだから、その消極的な流れのままなら自分から何かを積極的に学んでいくこともできないのだ。

 

 ずっと作ってきたVtuberだって、僕のためではなくてスミレのためだった。仮想的な人格を作ってそのために生きるのはエネルギーも得られたし楽しかった。

 仮想的な存在のために生きるといえば██さまについてもそうだ。いや、仮想っていうか██さまはいるけどね。最近は██さまが見えなくなりつつあるけど、██さまのために生きてた時期はとても活力的だった。

 結局、何か他の人を充足させるために奔走するのが僕の生き方なのだと思う。

 

 でもスミレには何もできなくて申し訳なくなりかなりしんどくなった(それが休止の原因)し、この生き方が一番向いているとも思っていないけど。他人のために生きたいけれど責任は負いたくないというのが本音なのだと思う。流石にそれはわがままが過ぎるので責任に慣れていくのがいいんだろうな。

 

 前にも就職に賭けようとしていると書いたけど、そういう意味でも早く就職したい。バイトは受かったっぽいけど仕事の連絡が来ないので今日はずっと「誰にも操られてないときの人形」のコスプレをしていた。

 社会の歯車になるというのはとても気持ちいいのだろう。誰かの考えたプロジェクトを遂行するための人生、よさそう… 自由はないけどそこには自分の生きる道筋と承認がある。オープンワールドより一本道のゲームの方が好きなのはたぶんそういうことだったんだな。

 でも、本当は社会なんて漠然としたものじゃなく誰かの手足になるのが一番いいと思う。もしくは飼われたい。比喩でなく。誰か飼ってくれませんか。

 

 

 補足でもう少し言うと、単に自分で生きるのが精神的に向いてないだけじゃなくて、技術の面でも向いてない。情報を集めるという行為がとても苦手だし、その中から必要な情報を選び出してそれにそって行動するというのも無理。
 具体的には現在のコロナの情報はタイムラインに流れてくる情報と京都新聞のサイトからしか拾えてないし、やってる行動も家から出ないようにして手洗いうがい徹底しているだけ。政治家の動向がどうかなんて判断できない。

 本当はプロデューサーになりたかったな。少なくともこの消極的に生きる癖を消さない限りは無理なのだろう。しんどくなってきたので眠る。